008-1980761
うちのロボQ。これ以外の写真は、すべてリンク先からの表示です

ひさびさにロボット関係のニュースが出たのでご紹介。
こうした情報は、いずれラブドールにも繋がるものなので。
電気自動車メーカーのテスラが、労働用のロボットの開発を開始しました。
基本的には、単純な労働を人間にかわってやるものです。
身長は172㎝。体重は57キロ。
ラブドールとほぼ同じなのが笑えます。やはりシリコンって重いのですね。
20キロ近い重さを持つことが出来て、時速8キロで歩行できるそうです。
具体的な数値が出てきてるので、すでに基本設計ができているのかもしれません。
なお、顔には、スクリーンが付いて、「有益な情報を表示」するそうです。
もしかして、キョーダインみたいな感じで、人間の顔を映し出してコミュニケーションできたりして?
このままでは、まったくラブドールとは関係ないシロモノですが、骨格や駆動系など、いずれラブドールにも役にたつので、どんどん進化してほしいものです。

その他、ニューヨークポストを見てたら、別のロボットの記事も見つけたので合わせてご紹介。
まずは、香港のハンソンロボテックスの記事。
こちらは2016年にソフィアという女性型のロボを発表してます。
公式は、こちら。
https://www.hansonrobotics.com/

新型コロナに対応してソフィアを大規模に展開するという記事。※2021年1月25日
https://nypost.com/2021/01/25/makers-of-sophia-the-robot-plan-mass-rollout-amid-pandemic/

ソフィアが描いた絵がオークションに出された記事。※2021年3月22日
https://nypost.com/2021/03/22/nft-digital-artwork-by-humanoid-robot-sophia-up-for-auction/

ぶっちゃけるとソフィア、怖いです。
顔、そして表情。
しかし、ハンソンロボテックスも気付きました。「怖ぇ」と。
新型コロナに対応した新たなナースロボのグレースを作ったのですが、今度はアジア顔だし、ちょっと良い感じです。
新型コロナのヘルスケアロボがグレースに会う※2021年6月9日
https://nypost.com/2021/06/09/meet-grace-the-healthcare-robot-covid-19-created/
グレースなら、ラブドールとしても、なんとかなりそうな顔です。

最後。自己修復するロボットの皮膚素材の記事。
スマートフォーム素材はロボットハンドに自己修復機能を与えます※2021年7月6日
https://nypost.com/2021/07/06/smart-foam-material-gives-robotic-hand-the-ability-to-self-repair/
シンガポールの研究。
人間に近い触覚と、自己修復能力を持たせる。高弾性ポリマーを使用。
これは、エロイ役目のラブドールにも使える。
触られて反応するとか、良いですよね。
ちなみに5年後ぐらいに実用化したいそうです。
そこからラブドールに転用されるには10年ぐらいかかるかな(希望的予測)。

以上、ロボ的なニュースたちでした。