2044634
あいかちゃん「ひさびさのAV紹介になります」
とも「本当にひさしぶり」
あいかちゃん「なぜ、突然?」
とも「実は人にお勧めされたんだよ」

という訳で、AV紹介です。
はじめに告白しておきますが、私はロリAV女優さんが好きです。
彼女たちは、天性の才能と努力によって、少女のような外見と、演技を身に着けてます。
尊敬に値します。
一方で、AVのレイプは苦手です。
ここで問題となるのは、ロリ系だとどうしても物語上のレイプ(本人の同意を得ない)が多いということです。
そのため、最近ではあまりAVを見なくなってました。
(もう1つ好きなのは黒ギャルなのですが、こっちも絶滅寸前で見る作品がありません・涙)

それでも、何か出物は無いのかと月1ぐらいでは、アダルトショップに通ってます。
そんなある日、なじみの店員さんにお勧めされたのが、今回紹介する作品なのです。
なじみとは言ってもアダルトショップの店員と親しく話したりしないので、急に進められて驚きました。
店員「お客さんに、すごくお勧めの作品があるんです」
とも「えっ、はあ」
店員「損はさせないので、ぜひ見てください」
パッケージを見た私。
とも「う〜ん、苦手なヤツかも」
店員「欺されたと思って」
とも「本当に? つまらなかったら代金返してくれる?」
店員「そっ、それは出来ませんが。でも、そんなことにはなりませんから」
とも「じゃあ、買います」
それまで、お勧めされたことがなかったので、興味もわきました。

こちらのAVです。
「<超極限・近親相姦映像>生まれてこの方、父親しか知らない性玩具の名は、牢獄(ハコ)入り娘。 工藤ララ(ドグマ)」
↓写真をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます
入り娘。 工藤ララ
苦手なレイプものです。
あらすじを簡単に書きます。
主人公のララは、産まれてすぐに母が逃げ、父と暮らしてます。しかし、この父が出生届をだしておらず、ララは学校にも通ってません。言葉も話せない(という設定。作中で自分で勉強しており、本を読むシーンもあり)。
父はララに対して近親相姦し、さらにお金に困って、彼女に自宅で売春させます。

まあ、あらすじだけ見たら絶対に買いません
でもね、さすがはプロのお勧めです。
これ、よかったです。
工藤ララさんの演技が素晴らしい
教育を受けたことがない、でも必死に生きてる。そんな難しい役柄を見事に演じてます。
同時に感銘を受けたのが演出。
カメラアングルとかすごく良いのよ。
調べて見たら、過去に作品をみたことのある監督でした。
こちらの記事で紹介した作品。
「自作ドール製作者に見て欲しい「いんらん人形ちゃん」」
http://aika773.livedoor.blog/archives/8375112.html
作品はこちら。
「悪魔的性欲に取り憑かれた呪いのいんらん人形ちゃん ドグマ [DVD]」
↓写真をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます
いんらん人形ちゃん
太田みぎわ監督。
本作もこの作品も、ちゃんとドラマがあるのですが、どうやら「エッチするだけ」のAVは撮影しないみたいです。※あったら御免なさい。
そして、SMがメイン。
苦手だ〜。
Twitterを探して、作品についての子ヌンとも発見。

工藤ララさんの演技と、監督の演出、その両方が合わさった「師玉のシーン」が、家で売春させられてるシーン。押し入れの中で絵本を読んでいたララ。いきなり知らない叔父さんに愛撫され、エッチされます。
この時、父に助けを求めるわけでもなく、おじさんを拒否する訳でも無い。絵本を手放さず、なんとも言えない表情をするんですよ。
で、AVとしては大事なエッチのシーンなのですが、監督はそんなララの表情を中心に撮影しているんです。もうエッチな実用性は度外視です。
いや〜、震えるほど響きました。
「すごいものみた」と思いました。
物語のラストは、いろいろ解釈出来る終わり方ですが、良い方に受け取ります。
なお、売春の相手として登場する男優さんは、杉浦ボッ樹さん。
ロリ系のAVではお馴染みの役者さん。キャリアは20年にもなるそうです。
Twitterもはじめられたそうです。
このおじさんです。見たことある人、多いのでは?

工藤ララさんの他の作品も気になるのですが、やはりレイプが多い。
そんな中、こんな作品も見つけました。
「上司の自宅で不倫していたら奥さんが帰宅してきて子どもに成りすまし!こっそり浮気SEXし続けた3日間 工藤ララ」
↓写真をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます
こっそり浮気
子供に見える大人の役。これは、ちょっと逆説的だけど演技力がある女優さんなら楽しめそう。
2069888
あいかちゃん「ところで、なんでこの娘は、穴を開けた机に入ってるの?」
とも「そこは突っ込み所なんだよね。逃げ出す意志もないのに、机に固定されてる意味がないから。途中から普通に机から出て暮らしてるし」
あいかちゃん「『牢獄(ハコ)入り娘』というタイトルに合わせたかったのかな」
とも「おそらく」
あいかちゃん「で、このAVは返却するの?」
とも「しないよ。AVとしては楽しめないけど、作品には感動したからね」
あいかちゃん「感動的なら、私も見てみようかな?」
とも「それはやめて」