000003
「とも」です。
ラブドールの情報は日々更新されてます。
そんな中で私がどのように情報を集めているかをご紹介します。
以下の3つのサイトで集めてます。

一つはリンク集にも入れてる「ジジの落書き(仮)」さま
ラブドール関係の個人サイトでは間違いなくトップでしょう。

※2020年10月15日追記。下記のAmazonの記事は、Amazon内のラブドールの大幅削除により成立しなくなっています。ご注意ください。

もうひとつは天下のAmazon。
ニセモノも多いので有名ですが、買うのでは無く情報を集めるのに使うなら、とても便利です。(いや、もちろん、ラブドールの購入もしてますが)
ただ、商品を眺めると数が多すぎるので、私は……

ドラッグストア›アダルトグッズ›ドール›リアルドール

とアクセスした後に、「価格」で10000円以上を選択。(オナホのほとんどが脱落する。それでも一部は残るのですが)
さらに、「並べ替え」で通常は「Amazonのお勧め」になっているのを「最新商品」にします。

https://amzn.to/3dv8kSR

そうすれば、売れてなくても、新しい商品が上に出できます。
もちろん、古いけど新たにお店が登録した商品もでてしまうのですが、そこまで分類するのは無理なので。

日本のAmazonの場合、ロリドール系は、世界中のものが売られている印象。
逆にアメリカンでバタ臭い大人ドールは一部しか扱われてないように思います。

さっそく本日、調べて見たら

KUMA Store【国内発送・MZRDOLL正規品・送料無料】高級シリコン製頭部+TPEボディ MZR Doll 追加加工料金 自立加工&陰毛の植毛&髪の毛の植毛 本体ではなく追加加工です (全身リアルメイク料金)

【快楽園】 SINODOLL 155cm&#22ヘッド 送料無料 関税費用不要 新骨格あり 超リアルメイク 医療用 シリコン製 等身大 太ももの柔らかさ仕上げ お尻の柔らかさ仕上げ (ボディ全身塗装追加料金50000円)

など、発見。ドールの塗装に関するものです。
これまでもCATDOLLや人造人、グロテスクなどが塗装したドールを発売してますが、他のメーカーでも始めたのだと知りました。(すでにみんな知ってることでしたら御免なさい)


最後にdollmate。
こちら、中古のラブドールも扱うことで知られてます。
で、その中古(里親募集)コーナーが、いろいろ勉強になるのですよ。

その1 ドールの写真。
メーカーの宣材写真ではなく、中古の現物を撮影し直しているので、メーカー写真のような「盛った」写真ではありません。真実がありのまま。
ドールメーカーの公式の一部では「加工してるでしょ?」という写真を平然と載せてることもあるので油断できません。ですが、ここは正直です。

その2 破損
破損箇所の写真もあります。
これを見ると、どのメーカーの、どのドールの、どこが壊れやすいのか理解できます。

その3 メーカーへのリンク
各ドールには、その発売元のメーカーへのリンクが付いてます。
いや〜、知らない海外メーカーが多いことに驚かされます。
たどれば、里親募集に出ているドール以外にも現在売ってるドールを見ることが出来ますから、勉強になる勉強になる。
「ドールを里親に出した人は、いったいどうやって、このメーカーを知ったのだろうか?」というようなマイナーなメーカーも多いです。

その4 過去のデータ
これまでの里親のデータも保存されてます(逆に近年のものは保存されていないようです。残念)
このデータは、上記した1、2、3としても使えるのですが、それ以上に読み応えがあるのが、「里親のコメント」。※最近は廃止されているようです。
どのような理由でドールを手放すことになったかとなど、書かれているのですが、みんなドラマがあるんですよ。
「お迎え当日に親バレしました」とか、涙なしでは読めません。

以上、私が情報収集に使ってるサイトのご紹介でした。
なお、Amazonとdollmateは、商売でやってるので、なるべく商品も買ってあげるようにしてください。