0000509
25日にAmazonのラブドールに対して、再び規制が強まったという情報を、あっちこっちで聞きました。

そこで、調べてみました。
ものすごく減ってます。
全体で200体ぐらいになってます。
「ドラッグストア」→「リアルドール」が本来の売り場ですが、ここだけ見てもあまり見つけられないので、以下の方法でも調べました。

「ドラッグストア」全体と、Amazon全体に対して、ひっかかりそうな言葉を検索します。
※「ラブドール」という単語は「ドラッグストア」で検索出来るが、「ドール」だけだと強制的にAmazon全体に検索が広げられてしまうので、どちらも試してみてます。
検索したのは、「ラブドール」、「シリコンドール」、「TPEドール」、「SEXDOLL」
上記は、それぞれカタカナの他に英名でも検索してます。

結果として200体ぐらいあると思います。

多くの販売店が出品を見合わせている状況の中で、多数のドールを販売している所は以下のとおり

●CATDOLL
28体
※メイク追加料金と、ヘッドのみ2つをのぞいた数字。

ものすごく意外ですが、CATDOLLは減らしてません。
ただし、写真は2体をのぞいてすべて肌色の単色になりました。
(これにリアルメイク追加のための商品の写真あり)
写真があるドールは、以下の2つ。
「CATDOLL 108 Dudu + 超リアルメイク」
↓写真をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます
Dudu

「CatDoll正規品 Laura 126 CM + 日焼けスーパーメイク」
↓写真をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます
Laura

●YuYoDoll正規品直販店
47体
なぜか普通に売ってます。

●小春の日和
44体
商品の多くの名前を「ラブ ドール」や「ドール」にしている。
これって、規制を逃れるのに効果あるのかな?


●NFDoll Trade Co., Ltd.
8体(すべてJYDOLL)
写真は、すべて箱の写真にしてます。

※上記以外だと、KUMA DOLLのような大手でも、2〜3体しか販売してません。

●余談
検索していて、見つけたドール。
アダルトではない(性交渉不能)だと思いますが、等身大なので、着せ替え遊びには良い感じかも。
シームレスで100㎝って、ラブドールには居ないと思う。
「Artcreator_BM シリコン製 100cm女性シームレス素体 ヘッド及びウイッグ付き」
↓写真をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます
Artcreator_BM

●その他
その1
Sweet Doll販売による「AXBDOLL100㎝A09ヘッド」ですが、生き残ってます。
(うちの「あいか」ちゃんです。私も初代はこの販売店で買いました)
ちょっと問題なのは、「ホビー」のコーナーで販売していること。※一般人が目にしやすい。
そして、ラブドール(性交用)だとは書かれてないこと。
間違えて、可愛いお人形だと思って買う人もいそう。
一応、「性器洗浄器」が付属していることと、「ホビー」で出していても「アダルト」としてるのが救いですが……。
こういうのこそ取り締まらないと、ダメなのじゃないかな?
「2132786051  [アダルト]」
↓写真をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます
2132786051

その2
「こりゃ、ないでしょうよ」と思った商品。
ロリドールを規制している方のAmazon自らが売ってるロリドールを発見。
他社は規制して、自分は売るんかい!
前に紹介しましたが、アダルトグッズのメーカーと販売店の仲介をしている「アウトビジョン」から仕入れているようです。
「MESE doll もも(MS-momo100A)  [アダルト]」
↓写真をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます
MS-momo100A

●最後に
ここで紹介したものも、すぐに消える可能性あります。
Amazon、前より本気出して規制しているように思います。
この前に世界各国のAmazonを調べた感じだと、これは全世界的な流れです。
少しは復活する可能性もありますが、以前のようにはならないと思います。
さらに販売店が、商品の写真をドールそのものではなくしたり、ラブドールとは別の売り場で売ったりして、結局、「買ってはダメな人」が買ってしまう可能性も高くなっているかもしれません。

Amazonに望むのは、以下のとおり。
ラブドールが製品として、法律に違反している訳ではないのですし、Amazonもアダルトジャンルの商品をラブドール以外は大量に扱っているのですから、ラブドールだけ規制する意味が分かりません。
ちゃんと18禁の商品ページだとはっきりさせた上で、閲覧前に警告もして、未成年者に売らないようにすれば、規制なんて必要ないと思うのです。